bubble cotton

bubble cotton(バブルコットン)は、まき貝の趣味の洋裁、編み物、手作り石けんなどを中心に日記を綴っています。

Entries

映画「美女と野獣」

次女が珍しく平日休みだというので、月曜はイオンシネマが安いし、毎月1日は1,100円なので、「美女と野獣」実写版を観てきました。
平日の昼間で、字幕版とあって、大人の女性が多かったです。

ディズニーアニメ版も我が家は、みんな大好きで、何回も見てますが、ほぼ同じ感じがしました。
あとでわかりましたが、アニメ版と同じようにあえて作っているのだとか。

ハリポタ好きでもあるので、ハーマイオニーのイメージが付きすぎちゃってるかと心配した、エマ・ワトソンですが、ベルの役も違和感なく、歌もお上手でなかなか良かったです。



時計とか、カップ坊やとか、燭台とかも、実写だとどうなるかと思いましたが、それも、上手く出来てるもんだと思いました。
最後に人間の姿に戻るのですが、それまでは、声優さんですよね。

数あるプリンセスの中でも、姿形ではなく、心を愛することが出来るベルは、やっぱりお話として、感動します。
野獣が野獣のままでいても、きっとベルは愛し続けるのだと思うけど、最後にイケメンに戻ってしまうのは、おとぎ話だから仕方ないところでしょうか。

大英自然史博物館展

小中学校の同級生2人と大英自然史博物館展に行きました。 本当は大阪旅行に行きたいね、って話でしたが、結局みんな忙しくなってしまい、旅行は没 。 でも、せっかくなので、会おうってことで、博物館、美術館とかいいね、たまたまやっていた大英自然史博物館展でいいかと。(笑) 始祖鳥の化石が目玉?なのでしょうか。 あんまり覚えてないけど、教科書とかにも載ってるので有名なのかな。 ↓これが始祖鳥

お姑さんが介護が必要で施設に入ってるとか、親が認知症で施設に入って2年で亡くなったとか、老親の話で盛り上がったというか、盛り下がったというか。。。 そういう年齢なんだよね。 あれこれ、おしゃべりが止まらないひと時でした。

蘭丸抱っこから脱出、落下で負傷

昨夜というか今日(2017.4.5)の午前1時すぎ、遅くに帰宅した娘が蘭丸の涙を拭いてやろうとすると、嫌がって脱出したものの、着地というより落下して、変な落ち方をしたらしく、キャインーンと鳴いて、抱き上げるとまたキャイーンと鳴き、歩き方が左後ろ足を浮かせていて、これはまずい、骨折?脱臼?
家族みんなで、顔面蒼白。

とりあえず、病院にと電話してみるが、最初かけた深夜対応の病院にかけてもつながらないので、静かにしている分には、痛がっているようではないので、朝まで待って、病院が開いてからでも大丈夫かも、とも思いましたが、所沢にある「日本小動物医療センター」という、深夜対応の救急病院に電話をしたら、診てくれるというので、車を飛ばして、行ってみました。

深夜だったので、30分ぐらいで到着。
受付をしたら、すぐに診察してくれて、痛がっているので、レントゲンも撮ってもらいました。
レントゲンでは、骨折も脱臼のしていないようで、靭帯を痛めているかもしれないが、大きな靭帯の損傷は診察では無さそうということでした。
痛み止めの注射をしてくれたそうで、診察を終えた蘭丸は、すっかり元気になって、かごから飛び出さんばかりで、そっと抑えるのが大変なぐらい。

「翌日になって、元気なようなら、そのままでも大丈夫だとは思うが、念のため、かかりつけの病院に行ってみてください。」とお医者さんに言われました。


>

と書いて放置していましたが、その後。

1週間ほど、走り回れないようにケージの中で過ごして、様子をみましたが、大丈夫そうなので、いつものとおり生活しています。
とりあえず、良かったです。

映画「ライオン~25年目のただいま」

映画の予告を見て、観てみたくなった作品です。
実話が基になっている映画のようで、ラストは、本人の映像が流れていました。



5歳で迷子になって施設に保護された少年サルーは、オーストラリアの夫婦に引き取られ、愛情深くすくすくと成長し、大学生になる。
大学生になったサルーは、育ての親に感謝しつつも、自分の本当の親と兄弟を忘れてはいなかった。
貧しいながらも、実母は愛情深く、兄もサルーを可愛がってくれていたことを覚えていたのだ。

ちょうどその頃、グーグルアースが世の中に登場し、世界中いながらにして、見ることが出来るようになった。
5歳までの細い記憶を頼りに、グーグルアースで生まれた町を探す日々に没頭し、ひきこもるようになってしまうサルー。
もはやもう見つけることは出来ないのかと思ったが、とうとう見つけることが出来るのである。

少年時代のサルーの生活は、本当に貧しく、迷子になったときも、危うく人買いに売られそうになったり、路上で生活してる子どももたくさんいた。
施設に入っても、施設職員に虐待を受け、子どもは本当に搾取され、軽んじられている。
日本とは大違いな悲惨な状況が画面の中で展開される。

そしてオーストラリアの映像は、裕福で恵まれた様子である。
だが、実母と実の兄弟への思慕は消えない。
一方育ての母の大きな愛はそれはそれですごいと思う。

諦めない、強い心と執念は岩をも通すのだ。
諦めない、なかなか私にはハードルが高いなぁ。(笑)

ちなみに、ライオンという題名がなぜライオンなのかは、ラストに明かされます。

映画「モアナと伝説の海」を観てきました。

昨日は、イオンシネマ板橋のハッピーマンデー(1100円)だったので、るーたんと「モアナと伝説の海」を観て来ました。

ディズニー映画だし、軽い気持ちで行ったのですが、予想より感動して、何回か泣いてしまいました。(*^_^*)

最近涙もろくなったそうで、るーたんも30分に1回は泣いたと言っていましたよ。

字幕版を観ようとしましたが、夜の遅い回しかやっていないので、吹き替えにしましたが、吹き替えもとても良かったと思います。

むしろ吹き替えで良かった。

春休みなので、親子が大半で、エンドロールの途中でほとんどの人が退席していきましたが、エンドロールの後にちょっとしたおまけ映像がありました、ありました。

小ネタって感じで、ストーリーには関係ないですが、面白映像でしたよ。

映画は絶対にエンドロールの後、灯りが点くまで席を立たない派なので、おまけ映像があると、嬉しいです。

映画の中には、ストーリーに関係のある映像もあったりするので、エンドロールの後まで観て余韻に浸るといいと思います。(*^_^*)

今月は、「美女と野獣」の実写版公開があり、夏?パイレーツ・オブ・カリビアンの続編もありで、イオンシネマのポイントカード(200円だが、半年で6回観ると1回無料になる)を買っちゃいました。

半年で6本の映画、頑張って観に行きます。

ご案内

カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

まき貝

Author:まき貝

4人の娘の母です。
三度のメシより手作り大好き。
でも、昼寝も読書も好き。。。
bubble cotton book
の読書記録のブログと
bubble cotton how to make
の作り方サイトもやってます。

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

蘭丸♪

2016年5月5日にやってきました。
パピヨンの蘭丸です。
2015年11月22日生まれです。

   

まき貝にメール

☆☆まき貝あてのメッセージは、☆☆☆ こちらからお願いします。☆

メールフォーム

ブログ内検索

楽天おすすめ