bubble cotton

bubble cotton(バブルコットン)は、まき貝の趣味の洋裁、編み物、手作り石けんなどを中心に日記を綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相田みつを美術館 友の会の集い

相田みつを美術館に初めて行ってから数年経ちます。
いつも入館券をくだされ知り合いの方は、相田みつを美術館の友の会に入っているので、入館招待券を持っているのは聞いていました。
よくよく聞いてみると、友の会の特典もいろいろあるようで。。。

ちなみに年間5000円の会費で、2名入れるご招待券7枚が展示が変わる度、年に4回もらえます。
記念品も毎年、ありました。扇子とか、クッションカバーとか、毎年変わります。
その他、ショップのグッズが割引になるとか、カフェコーナーのお茶の無料券がもらえたりもします。

また、年に4回ぐらいある、館長さんのお話の会にも、無料参加できます。(一般参加1000円)
さらには、年に2度ある友の会の集いというイベントにで参加できます。

そのイベントは、毎年いろいろで、去年は書道家の方のお話と、生演奏付きのプロのアナウンサーの朗読の会でした。
今年は、俳優の山田雅人さんの語り、相田みつを物語とおまけの長嶋茂雄物語のさわりでした。
渡る世間は鬼ばかりの板前役のイメージですが、語りがこんなに上手かったとは、知りませんでした。

ラジオ番組でけっこうずっとやっているそうです。
去年、加藤登紀子さんが来て、歌の会があったりもしたかも。

そのイベントの後は、ちょこっと軽食も出ます。
前回は、少な目だったのか、ほとんど食べられませんでしたが、今回は、お料理が多めだったのか、お腹いっぱいになりました。
年会費以上の特典はあるなと思ったりします。

特典はいっぱいあれど、美術館に何度も足を運ぶなんて、はてな?と思うかと思います。
私も最初そう思ってました。
でも、相田みつを美術館は、たまに行くと心が落ち着いていいんですよ。
悲しい時とか、イライラする時とかも、自分を見つめる時間を持てるんです。

悲しい時、優しい詩を読むと慰められ、涙し、また勇気が湧いてきます。
とそんなわけで、私も相田みつを美術館のファンになり、友の会のメンバーになって、2年目です。

多くの人に、相田みつを美術館、一度行ってみてほしいなと思っています。

左サイドメニュー

カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

まき貝

Author:まき貝

4人の娘の母です。
三度のメシより手作り大好き。
でも、昼寝も読書も好き。。。
bubble cotton book
の読書記録のブログと
bubble cotton how to make
の作り方サイトもやってます。

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

蘭丸♪

2016年5月5日にやってきました。
パピヨンの蘭丸です。
2015年11月22日生まれです。

   

まき貝にメール

☆☆まき貝あてのメッセージは、☆☆☆ こちらからお願いします。☆

メールフォーム

ブログ内検索

楽天おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。