bubble cotton

bubble cotton(バブルコットン)は、まき貝の趣味の洋裁、編み物、手作り石けんなどを中心に日記を綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試写会「バケモノの子」鑑賞


昨日に引き続き、今日も映画鑑賞でした。
試写会「バケモノの子」に当選したので、有楽町のよみうりホールで観てきました。

9歳の少年である主人公の母親が亡くなり、父親の行方はわからず、感じの悪い親戚に引き取られるのを嫌って、渋谷の街を徘徊するところを、化け物に拾われ、化け物の街へ行き、化け物の弟子となる。
その化け物の街は、渋谷の繁華街と隣接し、ビルのすき間に入口がある。
そんな設定自体、ワクワクします。

親を失くした主人公ですが、親らしくも師匠らしくもない、強いだけの化け物の熊徹とケンカしながらも心を通わせていく。
そして、熊徹の友達の化け物仲間にも見守られながら、すくすく育つ主人公。
だが、思春期になり、ふとしたきっかけで人間界に行って出会った少女に「学ぶ」という新しい人間の世界を教えられ、自分の将来について考え、悩むようになる。
少年の成長物語ですね。
そういう意味では、ライバルとして出てきて、敵対する一郎彦は、もう一つの少年の成長物語のブラック版でしょうか。
人間誰しも心に持っている闇。
ありますよね、ちょっとは。(~_~;)
そんなのも描いています。

アニメゆえに、大きな期待とか無く見たので、素直に面白かった、良かったと思います。
友達も、「なかなか良かった。」と言ってました。
一人で来ていた、隣りに座っていた30歳前後の会社員風のお兄さんも、多分泣いてました。
もちろん、私も泣きました。
人情話、自己犠牲のお話にはめっちゃ弱いですからね。

それから、声優陣も良かったと思います。
役所広司、大泉洋、リリーフランキーなどは、本人そのままの気さえします。

「アニメ時をかける少女」「サマーウォーズ」も良かったですが、それ以上に私は好きです。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

カレンダー

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

まき貝

Author:まき貝

4人の娘の母です。
三度のメシより手作り大好き。
でも、昼寝も読書も好き。。。
bubble cotton book
の読書記録のブログと
bubble cotton how to make
の作り方サイトもやってます。

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

蘭丸♪

2016年5月5日にやってきました。
パピヨンの蘭丸です。
2015年11月22日生まれです。

   

まき貝にメール

☆☆まき貝あてのメッセージは、☆☆☆ こちらからお願いします。☆

メールフォーム

ブログ内検索

楽天おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。