--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/01/22 Wed  23:40
映画「永遠の0」を観てきました。

よく行く映画館は、水曜日がレディースデーで、1000円なので、観てきました。

零戦の話なのは、何となく知っていましたが、詳しいストーリーは知りませんでした。

命を国のために捧げるのが、当たり前の時代の軍隊にいて、命を大事にした男の、お話。
零戦乗りの人達が、主人公です。

その孫である、現代の若者の姉弟が、祖母の死をきっかけに、戦争で亡くなった本当の祖父について、どんな人で、どのように死んでいったかを、調べていく。

最初のうちの証言では、祖父は臆病者、卑怯者と言われていたと言う。
だが、本当は臆病者などではなく、生命の大切さを説き、家族を愛する心を持つ、勇気ある人間であった。

特攻隊を始め、戦地で戦った人達は、国のためにと言うより、愛する家族のために戦ったとは思う。
だが、生命の大切さを表立って表明する人は多くない。

生き延びるのは大事だが、自分の命を守るために、教え子たちが死んでいくという事態に、心が傷ついていく姿は、悲しい。

そして、教え子の命と引き換えに、自分の命を特攻隊に捧げる祖父。
家族愛、師弟愛、友愛、たくさんの愛を祖父は持っていたのだと思う。

全編通して、泣けました。
戦時下を生きて来た誰もが、それぞれに物語を持っている。
誰もが辛い思いを抱えて生きて来た、と言う言葉に、平和な時代に生きてきた我が身の幸せをつくづく感じました。

それにしても、主人公を演じた岡田君は、格好いい!
春馬もいいけど、やっぱ、岡田君には叶わないですね。(笑)

それから、近年の戦争映画では、あまりない、空中戦がたくさん出てきます。
なかなかの戦闘シーンかと思います。
(^○^)
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

カレンダー

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

まき貝

Author:まき貝

4人の娘の母です。
三度のメシより手作り大好き。
でも、昼寝も読書も好き。。。
bubble cotton book
の読書記録のブログと
bubble cotton how to make
の作り方サイトもやってます。

カテゴリー

FC2カウンター

まとめ

アクリル毛糸で編むタワシ ≪         HOME         ≫ アクリル毛糸の編みタワシ その2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。