bubble cotton

bubble cotton(バブルコットン)は、まき貝の趣味の洋裁、編み物、手作り石けんなどを中心に日記を綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業用ミシンのボタンホーラー

職業用ミシンヌーベルを買って、17年ぐらいになります。
ついこの間な気分ですが、長年使ってますね。(笑)
ミシン自体は縫い目もキレイだし、問題ないのですが、ミシンと同時に買ったボタンホーラーの調子がだいぶ前から悪く、キレイに縫えなくなっていました。
コンパクトジグザグミシンもあるので、ボタンホールはジグザグミシンを使ったりしていたんですが、糸を替えたり、ミシンを出したりするのが面倒です。

職業用のボタンホーラーは、本体が7000円ぐらい、オプションの金具のフルセットだと1万円ぐらいします。
でも、やっぱり便利なので、長年使ったし、買い替えました。
これがフルセットのボタンホーラー。

ボタンホーラー

基本的に、大昔買ったものとまったく同じですが、注意書きに、高速で縫わないようにと以前には、なかった注意書きがありました。

これで、バッチリ!と思いきや、やっぱり上手く縫えません。
ミシンが古いからなのか???

注意書きとおり、ゆっくり縫うと全然縫えなくて、ある程度のスピードで、しかも3周ぐらい縫ったらなんとかボタンホールになるというありさま。
とてもキレイに縫えたとは言えません。
せっかく高いお金出して、買い換えたのに、超がっかり。

それでも、色々試してみて、布送りの部分を隠す金属板が付属しているのですが、その板をセットしたら、きれいに縫えるようになりました。

昔ミシンを買った時に説明してくれたおじさんは、布送りをダウンさせたら、金属板を取り付けなくても、大丈夫と言っていて、ずっとドロップダウンだけで縫えていたんですが。。。

なんにしても、金属板の取り付けは大事みたいです。
もしかしたら、古いボタンホーラーも、金属板を付けたら、使えたのかも。
ちょうど燃えないゴミの日で出してしまったので、わかないですが、そう思うとちょっとショック。

ボタンホーラーの調子が悪い人で、金属板を使っていない方は、まず金属板を使ってみてくださいね。
それで、ダメなら、やっぱりミシンかな。

直線はとってもキレイに縫えるんだけどね。
(●^o^●)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

まき貝

Author:まき貝

4人の娘の母です。
三度のメシより手作り大好き。
でも、昼寝も読書も好き。。。
bubble cotton book
の読書記録のブログと
bubble cotton how to make
の作り方サイトもやってます。

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

蘭丸♪

2016年5月5日にやってきました。
パピヨンの蘭丸です。
2015年11月22日生まれです。

   

まき貝にメール

☆☆まき貝あてのメッセージは、☆☆☆ こちらからお願いします。☆

メールフォーム

ブログ内検索

楽天おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。