bubble cotton

bubble cotton(バブルコットン)は、まき貝の趣味の洋裁、編み物、手作り石けんなどを中心に日記を綴っています。

Entries

鍋でご飯を炊く!その3 (圧力鍋を使うが圧かけない)

以前もブログに 「鍋でご飯を炊く」 という記事を書き、この時は、ちょっとしてからすぐやめましたが、3.11の震災の後は、節電ってことで、ガス火・鍋でずっとご飯を炊いてます。

 「鍋でご飯を炊く その2」 で書いたように、吉岡鍋といういわゆる無水調理鍋を使っていましたが、沸騰する時にどうしても、吹きこぼれというか、ガス台が汚れます。

それと、お米の量が少ないと吹きこぼれが無いかわりに、沸騰するタイミングがわからず、失敗することもあり、吉岡鍋をやめ、圧力鍋で炊くことにして、ここ半年ぐらい圧力鍋で炊いていました。

圧力鍋だと、加熱時間が半分の5分ぐらいで済むし、水加減も少なめでいいのです。
吹きこぼれもないし、ガスも時間も短縮出来ていいのですが、圧がかかると通常(高い)の圧力だとご飯の色が灰色っぽくなるので、低圧で炊いていました。

もちろん、炊飯器よりは美味しいのですが、先日娘が鍋で炊いたご飯を食べたら、うちのご飯より美味しく感じました。
お米のせいもあるかもしれないですが、圧力をかけないご飯に比べ、圧がかかると柔かすぎになってしまうように思います。

そこで、圧力鍋を使って炊くんだけど、圧力をかけない状態で、使うことにしました。
フタは、パッキンでしっかりしまるので、吹きこぼれはないし、沸騰する時に、蒸気穴からシューシューと蒸気が出るので、沸騰のタイミングがつかみやすいのです。

ちなみに、うちの場合、強火で加熱を始め、沸騰してからはとろ火で9分、火を止めて9分むらした後、かき混ぜるで、炊飯完了。

ご飯は、やっぱり圧力をかけない方が、美味しいように思います。
(●^o^●)


参考までに、お米の水加減ですが、
お米1に対して、お水も1~1.1
私がよく買う「あきたこまち」や「こしひかり」は、以前は1.1倍にしていましたが、圧力鍋を使った場合、蒸気が抜けにくいのか、1.1倍だと柔かすぎる感じなので、1倍にしています。
お米1合(180cc)をざるで水を切ってから鍋に入れ、水を180ccを入れます。
{お米2合(360cc)水360cc・お米3合(540cc)水540cc}



うちは、煮物などに使う圧力鍋とは別に、薬局のポイントでもらった圧力鍋を炊飯専用に使ってます。

最安値かな?お安い圧力鍋
 

ガス専用のアルミ製ならもっと安い。

*Comment

aktさんへ 

こちらこそお久しぶりです。

土鍋、それもありましたね。
うちの土鍋は、娘の所へ貸し出したままで、今はないんです。

美味しさの点では、土鍋が一番なのかもしれませんね。
昔に比べて、最近の土鍋は、軽いタイプのは、扱いやすいのもありますね。
(^○^)
  • posted by まき貝 
  • URL 
  • 2013.05/05 11:12分 
  • [Edit]

お久しぶりですv 

我が家では娘が中学の時から ご飯土鍋で炊いてます。
一回食べたらおいしくて病みつきになりましたv

初めに買ったのは万古焼のでしたが、今は3000円ほどの軽めのご飯土鍋を使ってます。
普通に強火にかけて 蒸気が出てきて 水滴がポロっと流れたら止めて蒸らすだけなので かなりお手軽ですよ~

5合炊き以上の大きさがないのが 若干不便な時もありますが、まめに炊いてるので 炊き立て食べることが多いかな?
ご飯は毎日食べるものだから 楽で美味しいといいですよねv
  • posted by akt 
  • URL 
  • 2013.05/04 23:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

まき貝

Author:まき貝

4人の娘の母です。
三度のメシより手作り大好き。
でも、昼寝も読書も好き。。。
bubble cotton book
の読書記録のブログと
bubble cotton how to make
の作り方サイトもやってます。

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

蘭丸♪

2016年5月5日にやってきました。
パピヨンの蘭丸です。
2015年11月22日生まれです。

   

まき貝にメール

☆☆まき貝あてのメッセージは、☆☆☆ こちらからお願いします。☆

メールフォーム

ブログ内検索

楽天おすすめ