--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/06 Fri  23:26
北海道旅行

三泊四日で29,800円!格安ツアーに行ってきました。
るーたんと、私の母の3人旅。
北海道は初めてだし、知識も何もないんですが、そこはツアーのいいところ、何も知らなくても、バスで運んでもらえます。
(*^^)v
久しぶりの飛行機は、ちょっとドキドキ。
行きの飛行機
4月3日(火)は、関東地方に大型低気圧が接近中。
夕方から夜にかけて、大荒れのお天気だったらしい。
というのも、大荒れになる直前に、飛行機で東京を脱出できました。
あやうく、欠航になるところで、前後の便では欠航が決まっている飛行機もありました。
ラッキー!!!

そして、函館空港へ。
空港では、ツアーの添乗員さんとバスがお出迎えしてくれ、そのままバスで観光へ。
まずは、五稜郭。
五稜郭タワーから見た五稜郭。
ここでは雨降りで、時間もないので、タワーから見るだけ。
五稜郭

その後は、函館ベイエリア。
海沿いの昔のレンガ作りの倉庫を利用したお店です。
函館ベイエリア1
函館ベイエリア2
飛行機は午後1時25分発2時25分着なので、すぐに夕方。
1泊目は、函館の湯の川温泉にお泊まり。
函館空港から近いのか、空港の滑走路らしき明りが見えました。

二日目は、朝8時出発。
ツアーの良いところというか欠点というか、朝が早い。(~_~;)
函館の朝市で海産物のお店に寄ったあと、函館元町・異国情緒あるふれ街並みを見学。
函館は、江戸幕府が開国して早いうちに開かれた港らしく、西洋風の古い建物が多くあり、横浜っぽい感じ。
函館元町1
函館元町2

函館を出て、洞爺湖を横目に 次に行くのは、昭和新山近くの熊牧場。

洞爺湖の湖面は、氷結してます。
洞爺湖

そして熊牧場。
テレビで見たことがあります。
入園料800円、えさのりんご1袋300円。
園内はそんなに広くはありません。
(本当はもっと広いのかな?なにしろ雪が降ってるし、時間もないしで、よく見る余裕なし。)
熊牧場入口

熊たち
くまがいっぱい。
この熊に、上手くりんごを投げると、口でキャッチしてくれます。
えさちょうだい!って手招きしたり、吠えたりしてます。
吠える熊

そして、二日目の夜は、登別温泉。
ホテルから見た風景。ライトアップしてました。
登別温泉

三日目は、さらに朝が早くて、7時半出発。
函館からの途中は、一面の雪景色が広がっていました。
それにさすが北海道広いです。
雪景色1
雪景色2
これは、川の写真ですが、川面も凍結していました。
川

この場所は、美瑛の丘といって、初夏にはいろいろな色の花が一面に咲いて、パッチワークのように見えるそうですが、一面の銀世界でした。
スノーモービルにひっぱてもらう、ゴムボートの乗り物があって、るーたんと乗りました。
雪の上をゴムボートではねるように滑るのが面白かったです。
スノーモービル

後半へ続く↓



つらら
建物にはつららがありました。
東京じゃ、なかなか見られません。

そして旭山動物園。
この時期、午後3時に閉園しちゃうそうで、少しでも多くの時間見られるように、朝早く出発したそうです。
旭山動物園
ガラスをはさんで、超間近に白クマくん。迫力ですね。
しろくま
おおかみは、寒さに強いのでしょうか???
ちょっと寒そう。
おおかみ
トラも寒さに強かったっけ?
けっこう、うろうろと活動的でした。
トラ
そして、三日目の晩は、札幌泊まり。
三日目は、登別→旭川→札幌と、走行距離400kmと長いです。

札幌は、夜は外食。
札幌の夜の街を散策。
ライトアップされた、札幌テレビ塔に上ってみました。
札幌テレビ塔

テレビ塔から見た、大通り公園。
画像ではみえないけど、遠くには、ジャンプ台も見えました。
大通り公園

札幌に来たら、とりあえずは、見ておかないといけない、時計台。
小さいとは聞いていたのですが、時計台が小さいというより、絵本の「ちいさいおうち」じゃないですが、周囲の建物が大きくなり過ぎたんですね。
時計台
真下には、撮影スポットに専用の台が設置されてました。
ライトアップされていて、きれい。
昼間よりも見栄えがするように思います。
真下からの時計台

そして、夕飯に選んだのは、なぜか、博多らーめん。
札幌に来て、なぜ博多ラーメン???
寿司はいやだ、あれは嫌だ、と迷っているうちに、寒さに耐えられずに、結局近場にあったラーメン屋さんに入ったのでした。
(~_~;)
そのラーメン屋さんのトイレの洗面台の蛇口。
どうやって水を出すかというと、足元にペダルがあって、踏むと水が出ます。
こんな水道は初めてです。
トイレの水道

そして、いよいよ、最終日。
ツアーの4日目は、札幌フリーでしたが、知らない街、札幌で1日潰せそうにないので、オプションの小樽観光に申し込みました。
小樽運河食堂1
倉庫が食堂になっていて、中に数店舗の飲食店が入っています。
小樽運河食堂2
中は、昭和を感じさせるような、レトロチックな作り。
小樽運河食堂3
古いスクーターや自転車などがディスプレイに。
天井も、古い倉庫ッて感じ。
小樽運河食堂4

倉庫だけじゃなく、蔵を使ったお店もあったり、古い建物が多くあり、風情があっていいですね。
小樽は、ガラスのお店や、オルゴールが有名らしいです。

蔵のお店

小樽は日本海に面しているので、雪が降りやすいらしく、けっこう雪が降っていたので、ポンチョを来てテルテル坊主状態で歩いてました。(笑) 
六花亭

小樽の街1

小樽の海。
晴れていたら、もっと見晴らしがいいんでしょうね。
小樽の街2

向かいに見える建物は、オルゴールのお店。
半分は、オルゴール博物館になっていました。
骨董品のオルゴールが展示されていました。
小樽の街3
小樽を4時間散策したあとは、、新千歳空港に向かいます。
小樽付近は、けっこう雪が降っていて、雪の中をバスが走りました。
空港近くの休憩所で、ふとバスを見たら、雪がハートマークを作っていました。
バスの運転手さん、ガイドさん、そして、添乗員さん、みなさん、優しい親切な人たちだったので、ハートが付いたのでしょうか。
楽しい4日間を過ごせて、行って良かったです。
バスのハート





テーマ : 北海道旅行   ジャンル : 旅行

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

カレンダー

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

まき貝

Author:まき貝

4人の娘の母です。
三度のメシより手作り大好き。
でも、昼寝も読書も好き。。。
bubble cotton book
の読書記録のブログと
bubble cotton how to make
の作り方サイトもやってます。

カテゴリー

FC2カウンター

まとめ

Xperia acro HD (IS12S) スマホデビュー  ≪         HOME         ≫ 弥生美術館の日本のKawaii展
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。