--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/23 Wed  06:22
子宮頸がん 予防接種 市の助成で無料

うちの市から、予防接種費用の公費助成のお知らせが来たので、先週、おーちゃんが子宮頸がんの予防注射を打ってきた。
昨日のパン教室で、子宮頸がん予防接種の効果がないとか、危険だとかのウワサを聞いたので、ネットでググってみた。

そしたら、子宮頸がんワクチンの危険性を訴えたサイトや、効果が無い、ひどい副作用があるのを隠している、ということが書かれたブログを見つけた。

ただ、このサイト自体、子宮頸がんのワクチンだけじゃなく、インフルエンザを始め、いろいろな予防ワクチン自体を認めていないような感じで、ちょっと違うかなって思う。

もちろん、ワクチンは、人体に必ずしもいい働きだけじゃなく、副作用というデメリットもあるとは思うが、予防注射によって、いろいろな病気から多くの人を守ったという面もある。
天然痘、結核などなど。

それから、年末の読売新聞の記事「子宮頸がんワクチンで副作用、失神多発」という記事を読んだ記憶がある。
見出しだけ読むと、失神者が多発してるのかと思うが、以下抜粋

『子宮頸がんワクチンは、肩近くの筋肉に注射するため、皮下注射をする他の感染症の予防接種より痛みが強い。昨年12月以降、推計40万人が接種を受けたが、10月末現在の副作用の報告は81人。最も多いのが失神・意識消失の21件で、失神寸前の状態になった例も2件あった。その他は発熱(11件)、注射した部分の痛み(9件)、頭痛(7件)などだった。』

痛い注射なんだ、とは思ったが、副作用多発って言っても、21/400,000の確率ってことで、おおげさな、たいしたことないじゃないと思って、読んでも気にもしなかったように思う。

その他あちこち見ていったら、政治がらみも関係するようで、その立場によって、子宮頸がんワクチンの推進に、反対したり、賛成したりとしているように思った。
まして、真偽はわからないが、マイナス面を殊のほか大きく扱って、悪い部分をさも隠しているような含みのある書き方をしていたりしていたり、ワクチンは良くないってことをどんどん広めようなどと、チェーンメールみたいに書いてるブログもあった。
もちろん、ワクチンすべてが万能だとは思わないし、ワクチンによっては、実際ひどい副作用があり、障害が残ってしまった場合もあるとは思う。
(ポリオの生ワクチンなどは、そのいい例で、不活化ワクチンを普及させるべきだと本当に思う。)

冬の定番インフルエンザワクチンであるが、うちは、ほとんどインフルエンザにかからないし、予防接種も有料なので、誰も打たないのだが、その昔は、学校で集団接種していた。
20年ぐらい前までは、無料で小中学校で殆んどの子どもが受けていたと思う。

長女が小学生の頃も、学校で接種を受けられたが、ある年から、希望者対象になった。
もともと、希望者(?)だったのかもしれないが、それまでは、全員が接種が基本であったのが、あえて希望する人が接種というニュアンスに変わったように思う。

そして、その頃、インフルエンザワクチンは、たいして効かない、打っても効果がないという風潮が広がり始め(メディアのせいか?)、希望する人が激減。
そして、学校で注射することもなくなり、やがて、有料となったのである。

もっとも、インフルエンザに限らず、その頃から、国の予防注射の考え方が変わってきて、任意の自己責任で予防注射を受けるように!という感じになってきたからなのかもしれないが。

そもそも、予防注射は、自然のものではないのだから、良くないものであるとし、予防注射をすべて拒否する方針の親をテレビなどでも好意的に取り上げ、予防注射=悪者キャンペーンみたいな風潮の時もあったような記憶がある。

もちろん、インフルエンザワクチンも、今だって、どこまで効果があるかは、不明ではあるが、昔に比べて多くの大人の人が毎年お金を払って受けている。
(子どもは学校で集団接種だったが、昔の大人はあんまり受けていなかったように思う。)

打たずに病気にかかるリスク、打って副作用が出るリスク、どっちを取るかである。

子宮頸がんワクチン接種を推進しているサイトももちろんたくさんあります。
(っていうか、反対しているサイトは、どれもこれも、怪しい気が…)

子宮頸がん予防ワクチン:その有効性と安全性について
子宮頸がんワクチンで不妊に?
子宮頸がんのワクチン2 ワクチンについて
しきゅうのお知らせひろば
オレンジクローバー(NPO法人子宮頸がんを考える市民の会)

ざっと見たところ、重い副作用もないようだし、弱毒化、不活化ワクチンを使っているので、ワクチンによる感染もないということらしいです。劇的な効果は、わからなくても、副作用のリスクが無ければ、いいんじゃないかなと思いますが。
無料だし。
(おっと、無料といっても、実は税金だぁ。
この税金を無駄使いと判断すると、政治的な絡みがでてくるのかもね。
反対キャンペーンを張りたくなる人々が出てくる?
毒じゃなくても、効果がはっきりしないワクチンでも、世界の少女たちの人数分が売れれば、製薬会社がぼろ儲けとか??ようするに、この辺のことが元でいろいろ出てくるのかな?)

あとは、子宮頸がんワクチンの有効性について、製薬会社はもちろん、国も、お医者さんも、たくさん書かれていますが、それを信じるか?信じられないか?
もちろん、過去には、薬害問題もあるからね。
どう思います?(*^^*ゞ

ただ、ここで、多くの人がこの制度を利用しないと、せっかく無料で接種するようになった制度も、かつてのインフルエンザワクチンのように、また自費でやってくれということに逆戻りになることは間違いないです。(23年度分についての無料だが、24年度以降は、動向を踏まえて検討していくと、書いてあった。)
娘がいない人、大人になっちゃった人にとっては、たんなる税金の無駄使いとしか思えないですからね。

テーマ : 女の子育児   ジャンル : 育児

Comment

☆ おかあちゃんへ

おかあちゃんには、お世話かけました。
(o*。_。)oペコッ
でも、楽しく懇談できて、良かったね。
(*^▽^*)

予防接種や、薬って、判断が難しいね。
製造してる人たちも、いいものを作っているつもりでも、予想外の結果っていうのも、あるだろうし。

ただ、政治や、その他の思惑からの、変な情報には、気をつけたいよね。
せっかくのいい制度が、無くなっちゃうのは、残念だもんね。
(*^o^*)

☆ lucaさんへ

レスが遅くなりました。(o*。_。)oペコッ
やっぱり、予防できるものなら、接種した方がいいですよね。

自費で受けようと思うと、5万円ぐらいかかるようなので、無料はありがたいです。
せっかくなので、多くの人が受けるといいな。
(*^▽^*)

☆ そうなんだぁ

まきちゃん、昨日はお疲れ様でしたヽ(^o^)丿
楽しかったね♪

子宮頸がんワクチンのこと、
あの後調べてくれたのね(^_-)-☆
結局、安心なものなんだね!
インフルエンザのタミフルも、私はすごく良い薬って思っているけど、色々と問題があった時にはどうしようって思ったりもした。
情報に流されないように見極めていくって難しいけど、まずは国を信じればいいのかな。
うちも三姉妹だから、受けるように話してみます♪

私も書くね♪

☆ NoTitle

子宮頸がんのワクチンは受けておくほうが
いいと思います。年々罹る人が増えているし。

うちの娘は残念ながら年齢オーバー
で無料接種対象ではないです。だけど有料でも
受けさせたいですね。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

カレンダー

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

まき貝

Author:まき貝

4人の娘の母です。
三度のメシより手作り大好き。
でも、昼寝も読書も好き。。。
bubble cotton book
の読書記録のブログと
bubble cotton how to make
の作り方サイトもやってます。

カテゴリー

FC2カウンター

まとめ

2月のパン教室 ライ麦パンと肉まんあんまん  ≪         HOME         ≫ ピザ&食パン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。