bubble cotton

bubble cotton(バブルコットン)は、まき貝の趣味の洋裁、編み物、手作り石けんなどを中心に日記を綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根旅行記♪

箱根に旅行に行きました。
実は、箱根に行くのは初めてなんです。(*^^*ゞ
もちろん、車で通ったことはあるし、ちょっと寄ったことはあるんですが、箱根を目的に行くのは初めて。

もっとも、東京(厳密には埼玉ですが)から行くには、箱根はとっても近いので、最近は日帰りで行く人も多いかと思いますが、今回はあえて、二泊三日と余裕で行ってみました。

るるぶも買って、綿密に下調べ&予定を組みました。
予定表を書いてたら、おーちゃんに、「林間学校のしおり」みたいだと笑われました。
(='m') ウププ

我ながら、いい感じに回ったので、るーたんの夏休みの自由研究に「箱根旅行記」としてまとめさせました。
せっかくなので、それをアップ。

 箱根旅行記表紙
行きも帰りもロマンスカーを予約しました。
2か月前からネットで座席の予約をしているので、ネットから展望席を予約。
早めに予約したのに、展望席の最前列は取れず。
それでも、2列目3列目の展望席をゲットできました。
CMとかでやってる、展望席ですよ♪

行きは、後ろ向きの展望席。
ロマンスカー自体も初めて乗ります。
新しい車両のせいか、足元も広々、テーブルも付いていて、車内販売のお弁当を食べたけど、快適~♪

小田原城
新宿発のロマンスカーで1時間10分で小田原駅に到着。
ロマンスカーは、そのまま箱根湯本まで乗っていてもいいのですが、行きは、小田原で下車。
小田原城に寄ってみました。

私が小学生の時に、小田原城に寄った記憶がかすかにありますが、ちゃんと来るのは初めて。
海が近いので、お城の上からは、海が良く見えました。
小田原城を見学して、再び小田原駅に戻り、箱根登山線で箱根湯本駅に行きます。
小田原、箱根湯本の間は、15分ぐらいでしょうか。

予約した「伊東園ホテル箱根湯本」は、箱根湯本駅からバスで5分(徒歩20分)というので、ぶらぶら歩いてみようと歩いたのですが、それが大失敗。
歩いた方向は間違っていなかったのですが、なにしろ、斜面に建っているため、歩いて行くには、急斜面を登ることに…
地元の人でさえ、ほとんど人が通らないような、急な上、朽ちかけたような古い石階段を上るはめになってしまいました。
蛇とか虫とかがいそうで、不気味だった。。。(;^_^A アセアセ・・・
それを登らないと、すっごい遠回りしないといけないので、仕方ないので、上りましたよ。
(;´д`)トホホ

ホテルからの電話で言われた、「バスに乗った方がいいですよ。」の言葉とおりにすれば良かったと、大後悔。
いい勉強になりました。(ノ_-;)ハア…

箱根関所
 翌日は、箱根湯本から、箱根登山バスで30分乗り、箱根町へ。
箱根の関所へ行きました。
こんな建物昔からあったかしら?と思っていたら、昭和58年に関所についての詳しい資料だかが発見されたので、2007年に復元することができたそう。
昔は無かったわけですね。(*^▽^*)

芦ノ湖
関所のある『箱根町港』から箱根海賊船に乗って、『桃源台港』へ。
途中、隣の『元箱根港』に寄りますが、『桃源台』まで40分の航海。

ちなみに、「箱根海賊船」(小田急系)という名前のいわゆる遊覧船ですが、この海賊船とは別に、普通の船の形の「箱根遊覧船」(西武系)という船が別にあるので、ちょっと紛らわしい。
どうやら、この箱根界隈は、小田急系列と西武系列と2つの鉄道会社が入り乱れているようです。(^^;

ロープウェイ
『桃源台港』から今度は、ロープウェイに乗りました。
今まで乗ったロープウェイは、山の下と上を結ぶだけのものが多いのですが、ここは、間に2つの駅があります。
途中の大涌谷で下車。
芦ノ湖から、大涌谷までは、ちょうど上りになるようでした。

大涌谷
3000年前に水蒸気爆発を起こした噴火の火口跡が大涌谷だそうです。
噴煙が出ている近くまで遊歩道がありますが、硫黄の匂いで臭いです。(*^^*ゞ
温泉卵も買ってみました。
だけど、中は、温泉卵って言うより、ゆで卵でした。(*≧m≦*)ププッ
大涌谷から、またロープウェイで、「早雲山駅」へ。
「早雲山駅」からケーブルカーで強羅まで行きます。
このケーブルカーに乗った時点で、暑さと移動でくたびれてきました。
ケーブルカーも混んでいたので、ちょっとぐったり。
強羅から、登山電車で、箱根湯本まで戻り、そこから町内バスでホテルへ帰りました。

箱根登山電車
山とは言え、箱根も暑いので、1日観光して歩くと疲れてしまい、登山電車に乗る頃には、みんな電車で居眠り状態。
三日目は、ホテルから荷物を宅配便で送ってもらい、再度、登山電車で「彫刻の森美術館」(強羅の1つ手前)へ。

乗った登山電車は、昭和25年製造の古い車両。
エアコンも無いので、チョット暑い。。。
でも、レトロな感じがいいです♪

単線なので、途中の駅で反対の電車とすれ違い。
それと、世界でも有数の急勾配を登る電車なので、スイッチバックという、いわゆるジグザグに電車が走るシステム。
そのため、途中で、前と後ろが入れ替わる。
その度に、運転士さんが、移動してました。

それから、走る速度が時速15~20kmと遅いのと、周りの景色が、森のような木々が多く、なおかつトンネルが13もあり、気分は、ディズニーランドのウェスタンリバー鉄道な感じです。

箱根彫刻の森美術館
これまた有名な箱根彫刻の森美術館
昔(今も?)テレビの時報だかでよく映ってた記憶がありますが、もちろん、来るのは初めて。
これが、彫刻の森美術館なのね、と感慨深い。(笑)
もっとも、1度行けば、よっぽどの、美術好きじゃないかぎり、当分行かなくてもいいかな。
(*≧m≦*)ププッ

箱根旅行記感想ページ
帰りも登山電車で箱根湯本まで戻り、ロマンスカーで新宿に帰ります。
行きは、新しいタイプの車両だったけど、帰りは、昔ながらのタイプ。
古いだけあって、テーブルが二人で一つとか、席のゆったり感が狭いような感じかな。
でも、帰りは、進行方向向きなので、前に進んでいる感じで、良かった。

2か月前から、ネットで空席チェックして、頑張ったので、ロマンスカーの展望席にも乗れたし、登山電車にも乗れたし、見聞きすることがあるのに、乗ったり行ったことがないところに行けて、大満足な旅行でした♪

そうそう、忘れてましたが、箱根は、「箱根フリーパス」と言う、チケットがあり、このチケットがあると、小田急系の乗り物(箱根登山電車、ロープウェイ、ケーブルカー、箱根登山バス、海賊船など)が乗り降り自由の乗り放題。
二日で5,000円、三日で5,500円。
しかも、新宿から小田原までの小田急線往復料金も入ってます。
これに特急券(870円)をプラスでロマンスカー(展望席も普通席も値段同じ)

このフリーパスのおかげで、移動も楽だし、交通費もかなりお得だしで、良かったです♪
とくに鉄子じゃないけど、いろいろな乗り物に乗るのも楽しかった♪
箱根は、電車で行くのが楽しいかも?!

箱根ナビのサイトも参考にさせてもらいました。

 








 

*Comment

NoTitle 

あはは、るーたんも色々な事しようと思ったんだね^m^
家も結局リュウは旅行記でユーナは愛媛パンフレットを作る事にして今日ずっとやってたよ…でも、行く前からやると言っていたのになにも聞いてこなかった為取材不足で困ってるよ…(-_-;)
  • posted by あっこや貝 
  • URL 
  • 2010.08/27 21:10分 
  • [Edit]

あっこや貝へ 

最初は、紙粘土で貯金箱とか言ってたんだけど、途中で、上手く出来なくて挫折。

読書感想文は、本が読めなくて挫折。

キャンプの絵を1枚書いたんだけど、イマイチの出来栄えで、旅行記も作らせたんだよ。
まさしく、私が綿密に指導して出来あがったって感じ。
るーたんに任せてたら、夏休みが終わっちゃうわ。
(⌒▽⌒)アハハ!
  • posted by まき貝 
  • URL 
  • 2010.08/27 18:31分 
  • [Edit]

自由研究 

るーたんの自由研究上手く出来てるね!
楽しそうな様子が分かるね!
箱根の関所とかあるの知らなかった~。

来週から学校が始まると言うのにいまだに自由研究に苦戦中の我が家の子供達…四国に行くから普段できない体験を沢山できるからとるーたんと同じく旅行記にしなよと四国に行く前から話していたのに、なかなかやり始めずどうするんだろうか…(-_-;)
  • posted by あっこや貝 
  • URL 
  • 2010.08/27 11:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

まき貝

Author:まき貝

4人の娘の母です。
三度のメシより手作り大好き。
でも、昼寝も読書も好き。。。
bubble cotton book
の読書記録のブログと
bubble cotton how to make
の作り方サイトもやってます。

カテゴリー

FC2カウンター

右サイドメニュー

蘭丸♪

2016年5月5日にやってきました。
パピヨンの蘭丸です。
2015年11月22日生まれです。

   

まき貝にメール

☆☆まき貝あてのメッセージは、☆☆☆ こちらからお願いします。☆

メールフォーム

ブログ内検索

楽天おすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。